True Origins of Tea

歴史

 
 

水に次いで、お茶は世界で最も消費されている飲料です。 多くの国では、お茶は単なる飲み物ではなく、お茶を飲むことは文化の一部であり、禅仏教や医学においてもそうです。 しかし、ヨーロッパだけでなく、西部、特にイギリスや連邦諸国では、早朝のお茶、アフタヌーンティー、ハイティーのように、お茶を飲むことは不可欠な習慣です。 しかし、それはどのようにして始まったのでしょうか? ほとんどすべての物語のように、それは伝説から始まります。

中国では、次のように、キリストの約  3000年前にシェンヌン皇帝がお茶を偶然発見したと言われています。皇帝は大きな木の陰に体を休める場所を作りました。 火をつけ、沸騰したお湯の入った鍋を用意しました。 火の熱で、木の長い枝の葉のいくつかが乾きました。 突然、風が吹いて、沸騰したお湯でいくつかの葉を鍋に吹き込みました、そしてこれが最初のお茶の注入でした。

インドの伝説によると、ファキールダルマは7年間眠らないという誓いを立てました。 5年間の精神的な没頭の後、彼はもはや眠る必要性と戦うことができなくなったように見えたので、彼は近くの木のいくつかの枝をつかみました。 彼は数枚の葉を口に入れて噛みました。 すぐに、ダルマはさわやかで爽快な効果を経験しました。 そして、これが彼がお茶の刺激効果を発見した方法です。

Tea picking in Uji 1903, Meiji 36

宇治1903年茶摘み(明治36)

 
Tea Picking

1900年代初頭(明治後期)、宇治の抹茶農園での茶摘み

お茶の本当の原点

 

お茶の本当の歴史誰にもわかることはできませんが、遠い昔ヒマラヤ東部のどこかに茶の木がありました。 現代の研究によると、おそらく米と柑橘系の果物は、この地域、インドシナとビルマ、そして雲南省南部のジャングルに起源があると言われています。

古代では、人々は実験を通じて知識を得ました。 たとえば、彼らは病気の人に植物の注入、煎じ薬、または抽出物を与えることによって治療し、植物が有毒であるか治癒効果があるかを効果に合わせ決定しました。 そして、これはおそらく彼らがお茶の癒しの効果を発見した方法です。 中国では、最初の武帝(紀元前202年〜西暦1年)四川省で茶樹がすでに栽培されていたという証拠が証明されています。 6世紀には、お茶はすべての社会階級を通じて中国の人々によって広く消費されました。

Tea Rolling

1900年代初頭(明治後期)の宇治の手巻き茶葉

お茶が日本とヨーロッパにどのようにやってきたか

 

中国ではすでに6世紀にお茶が確立されていましたが、6世紀の初めに中国と韓国から日本に中国人の僧侶がやって来て、お茶が日本に届きました。 当時、日本には実際の茶の種を持ち込むのではなく、乾燥した茶葉から作られた微粉砕された粉末を持ち込んでいました。 この飲み物は今日抹茶として知られており、日本の伝統的な茶道で使用されています。 12世紀、日本で仏教が広まり確立するにつれ、お茶を飲むことはますます知られ、すべての社会階級を通じてますます多くの日本人に受け入れられるようになりました。 日本では、火山性の土壌が特に茶の木に強く、植物は非常によく適応しています。

 

一般に信じられていることとは反対に、ヨーロッパにお茶を持ってきたのはイギリス人ではなくオランダ人でした。 1610年、オランダ東インド会社は、日本茶と中国茶の最初のバッチをヨーロッパ、アムステルダムに持ち込みました。アムステルダムは、Javaでポルトガルのトレーダーから購入したものです。 お茶の貿易の独占がイギリス東インド会社に移ったのは1699年のことでした。