Bamboo Mat

茶道

 

日本では、お茶は単なる温かい飲み物ではありません。 それは日本文化の中で多くの意味を持つ非常に重要な儀式です。 何世紀にもわたって比較的隔離された生活と文化。

大陸からの孤立は、何世紀にもわたって日本の歴史と発展を形作ってきました。 この他の人生哲学、お茶の補助効果の研究、この特別な天然物への感謝、献身、温かいおもてなし、そして禅仏教は、日本の茶道の一部となった要素です。 茶道は、清らかさ、静けさ、尊敬、調和を表しており、この重要なイベントには多くの準備が行われます。 茶道の美学にとって非常に重要な概念は「わびさび」であり、それは優雅さとシンプルさを意味します。 伝統的な日本の茶道を体験することで、多くの歴史と文化的意義を持つ日本文化の魅力的な部分を見ることができます。

Tea_ceremony_(NYPL_Hades-2360215-4044014

1920年頃、茶道抹茶を準備中

茶道はどのように始まったのですか?

お茶とともに、中国茶も日本に伝わり、それが日本の茶道、ひいては初期の日本茶道に影響を与えました。日本の茶道は、中国の唐時代からの禅僧院でのお茶の準備の儀式化と日本でのさらなる発展に根ざしています。

12世紀、僧侶たちは中国から日本に抹茶を持ち込みました。

薬として使用され、修道院での瞑想のための集中補助として使用される拳。 禅哲学の普及のために。 約200年後、抹茶は-特定の確立されたガイドラインに従って提供されました-ギャンブラーとボンの生存者の幻想的な社会でも見つかりました。

再び100年後、禅僧村田珠光(1423-1502)は、この優雅な世界から僧院に茶道を持ち帰りました。 村田珠光と武野紹鴎(1502-1555)は、お茶会のさらなる発展にとって非常に重要な人物でした。

Japanese Culture

炉床を使って準備できる抹茶(炉)

The Way of Tea

抹茶と和菓子(日本の伝統的なお菓子)

 

千利休

しかし、日本の茶道の歴史の中で最も心に訴える人物は、間違いなく千利休(1522-1591)です。堺(大阪)の魚商人の息子として生まれ、父からお茶への愛情を発見し、16歳で武野紹鴎の友人である北向道陳(1504-1562)からお茶の道を学び始めました。城王(1502-155)。

父の死後、千利休は京都で禅を学びました。そして後に武野紹鴎に学生として推薦された。後に彼はお茶の達人として名を馳せ、彼の奉仕は非常に切望されました。その後、強力な大名織田信長の茶師となり、1582年に亡くなった後、豊臣秀吉(1537-1598)の茶師長に就任。 1587年の大茶会の頃、千利休と豊臣秀吉の関係は悪化し始めた。千利休と豊臣秀吉がますます分裂し始め、利休が京都の大黒寺の門に自分の木像を置いたとき、秀吉は激怒した。これは文字通りラクダの背中を壊したわらでした。秀吉はその気性でよく知られており、1591年に秀吉は切腹、儀式的な自殺を命じました。 1591年春、千利休は最後の茶道を行い、刀で腹裂きをしました。

 

千利休は根本的に芸術を変えました。彼はお茶を用意し、それを数人の客人と、時には1対1で、シンプルで素朴な小屋で、粗いセラミックボウル、竹製のスプーン、竹で作られた茶筅などの無地の道具で共有しました。彼の指導の下で、日本の茶道は静かで、微妙で、気取らないものに捧げられるようになりました。壮大なパーティーの代わりに、人生がどれほど早く過ぎ去り、茶人と客人が言葉を超えてコミュニケーションし、お互いの基本的な真実を学ぶことができるかを理解する方法になりました。