Bamboo Mat

茶樹と品種

 

世界のお茶は大きく発酵茶と未発酵茶に分けられます。 たとえば、紅茶やイングリッシュブレックファーストは発酵茶です。 日本では一般的に飲まれるお茶の種類がたくさんありますが、それらはすべて緑茶または未発酵茶です。 日本では緑茶に比べて紅茶はほとんど消費されていません。 これらの茶葉は、単に摘み取られ、乾燥され、梱包されるだけではありません。 葉を処理して未発酵茶と発酵茶を作る方法は完全に異なります。

お茶には主に3種類あり、加工方法によって分類されます。

  • 未発酵茶(例:緑茶)

  • 半発酵茶(例:ウーロン茶)

  • 完全発酵茶(例:紅茶)

 
 
Fermented Tea

緑茶の葉を蒸している

 
Oolong Tea Leaves

台湾のウーロン茶の屋内しおれと脱水プロセス

興味深いのは、基本的にすべての一般的なお茶が同じ種類の木(Camellia sinensis)から作られていることです。ただし、茶の木の品種は渋味の程度が異なり、その特性に応じて使用する樹木を選択しています。それぞれの種類のお茶は、適切な品種で作られています。つまり、1つはおいしい煎茶を作り、もう1つはおいしい紅茶または玉露を作ります。ほぼすべての種類のお茶を作るために使用できるタイプもありますが、優れた製品はありません。

結論は次のとおりです。

お茶の主な違いは、紅茶とウーロン茶は発酵茶であり、緑茶はそうではないということです。紅茶やウーロン茶を作るには、まず葉を丸めて空気にさらし、発酵と酸化のプロセスを開始します。これらの反応により、葉は暗褐色に変わり、風味が高まり、強まります。

一方、緑茶は発酵や酸化を防ぐために加工されているため、紅茶やウーロン茶よりもはるかに明るい色です。