top of page
検索

水出し緑茶の淹れ方

一般に、水出し緑茶は、緑茶の味を抽出するため、長い時間水に浸す必要があり、お湯で出すことに比べて長い時間がかかります。

これは少し面倒臭いと思われるかもしれませんが、冷たい醸造には、より長い醸造時間を補ういくつかの利点もあります。


第一に、淹れたてのお茶にはカフェインの量が含まれています。 冷水を使用すると、お湯を使用するよりもカフェインの抽出量が少なくなります。

第二に、冷茶は、より多くのアミノ酸が抽出され、タンニンとカフェインが少なく、通常のお湯でだす場合苦味と渋味を引き起こすため、冷茶は苦味が少なくなります。

第三に、お湯出しのリスクの1つは、熱湯を使用することです。これは、繊細な茶葉がすぐひらいてしまい、茶葉を新しくかえる必要があります。(さらに熱湯だとお茶の味が苦くなります)。 このリスクは、水出しだとありません。


これによって水出しは初心者にとって簡単に淹れることができます。


このお茶を楽しむには3つの方法があります。 それはその人自身の好みがあります。

- 直接氷で。

- 冷水で。

- お湯で急冷します。


上記の各方法は、独自の方法で味とお茶の成分を抽出します。 目的や好みを自信考えて、好きなお茶選びをすることです。 あなたは淹れ方の方法を好きなように選ぶことができます。


直接氷で

- ティーポットに約5gから8gの葉をいれます。

- ティーポットがいっぱいになるまで氷を追加します。

- 何もせずに氷が溶けるのを待ちます。

- 氷が溶けるとすぐに、お茶を飲む準備ができます。 湯のみにお茶を注ぎ、お楽しみください。

- このやり方を2回、3回と繰り返します。

時間はかかるがお茶の旨みが凝縮している。

冷水で

- ティーポットに約5gから8gの葉をいれます。

- 急須に冷水を注ぎます。

- 約10分、またはティーポットの水が鮮やかな色になるまで待ちます。

- 湯のみごとにお茶の量と味が等しくなるように、少しずつ交互に注ぎます。


追加:大きな急須や瓶(大きなポット)に約10gの葉を入れることもできます。 冷水を約1リットル加え、冷蔵庫で約4〜5時間おきます。


淹れかたも簡単でオススメの方法。

お湯で急冷します

- ティーポットに約5gから8gの葉をいれます。

- ティーポットに約200mlの70°Cから80°Cのお湯を注ぎます。

- 2〜3分ほど待ちます(氷は後でお茶を薄めてしまうので、濃い目のお茶が必要です)。

- 氷で満たされた各湯のみ(大きめ)に熱いお茶を注ぎ、お茶をすばやく冷やします。 茶碗ごとにお茶の量と味が等しくなるように、少 しずつ交互に注ぎます。


バランスのとれた味わい。短時間で飲める。

閲覧数:953回0件のコメント

最新記事

すべて表示

蔵出し茶

Comments


bottom of page