top of page
検索

蔵出し茶

更新日:2021年12月11日

ほとんどの人は、ワインとウイスキーが、特定の期間にわたって樽で熟成されることを知っています。ここでは、熟成により、生のアルコールの不快な風味を取り除き、同時に、たとえば樽の木材に通常見られる独特の風味特性を追加することです。

しかし緑茶、特に日本の緑茶に関しては、新茶は圧倒的に高く評価されています。

新茶は、新鮮でできるだけ早く楽しむべきものだと考えることがよくあります。蔵出し茶はその例外です。

お茶を保管するために使用された杉で作られた約100年前の木製の茶箱。

蔵出しとは何ですか?それはどういう意味ですか?


一般的に、春の収穫期ごとに、新しい茶葉(新茶)が収穫された後、収穫後すぐに楽しめます。特に煎茶に当てはまるもの。対照的に、抹茶と玉露は豊かな風味を持っています。蔵出しという名前は「倉庫からの撤去」と訳され、意図的に熟成された日本茶です。そのため、最高品質の茶葉のみから作られた春のお茶は、飲める茶葉になってから適切に保管されます。この方法はもともと抹茶を作る予定の碾茶に使われていましたが、玉露も今では煎茶もこの方法で熟成させることができます。


今日では、茶葉は通常アルミの袋にに入れられ、木製の箱に入れられます。アルミの袋は通常、気密に密封(真空パック)にし、箱は温度と湿度が注意深く制御されている大型冷蔵庫に入れられます。また、結露を防ぐために、温度は冷たくする必要がありますが、冷たすぎないようにする必要があります。ただし、綿密に監視しないと、お茶は簡単に劣化する可能性があります。


上質なワインやウイスキーのように、熟成したお茶は、美味しく濃縮された状態から劣化した状態へと簡単に移行することができます。

その後、葉は秋の季節まで熟成させられます。この流れは、葉の中の特定の化合物を分解し、消費されたときに口の中で引き締めの感覚を引き起こします。 3ヶ月から数年続くプロセスの終わりに、風味は豊かで、まろやかで心地よいものになります。

そのため、この深み​​のある高貴な香りを楽しむために、玉露と抹茶は収穫後数ヶ月で最高に楽しむことができます。


その後、葉は秋の季節まで熟成させられます。この流れは、葉の中の特定の化合物を分解し、消費されたときに口の中で引き締めの感覚を引き起こします。 3ヶ月から数年続くプロセスの終わりに、風味は豊かで、まろやかで心地よいものになります。

そのため、この深み​​のある高貴な香りを楽しむために、玉露と抹茶は収穫後数ヶ月で最高に楽しむことができます。


秋の碾茶の茶畑。収穫したての田んぼの上下が見えます。

歴史


蔵出し茶は常に旬の食材であり、その歴史は江戸時代初期にさかのぼり、お茶の香りや風味を保つことがはるかに困難でした。故意に熟成させた緑茶を飲む習慣は、徳川家康将軍とそのまろやかなコク、うま味の豊かさ、渋味のほとんどないことへの愛着にまでさかのぼると言われています。その時は玉露、そして煎茶が今日どのように生産されているかさえ、まだ発明されていません。


昔は、収穫したばかりの葉を部分的に加工して乾燥させた後、茶壺に入れて穀倉の山の高いところに保管していました。そこでは、気候はお茶を保存するのに理想的であり、また意図的にお茶を熟成させるのにも理想的でした。秋には口切と呼ばれる儀式が行われ、お茶が入った茶壺と共に儀式が開かれました。日本の茶道では、お正月とも呼ばれ、茶道の世界でも非常に重要なイベントです。



蔵出しの抹茶は濃茶としても薄茶でも、どちらでもご用意しております。


とび園のブログを読んでいただきありがとうございました。


秋は、お味がのっておいしい季節のお茶。ぜひどんどんお試しください。


閲覧数:740回0件のコメント

Comments


bottom of page